ゴルフの上達する方法

ゴルフの上達方法は色々とありますが、普段からの練習が大切です。そして更に大切なのは練習の質です。間違った練習方法をしてしまうと上達するどころか下手になってしまう恐れがあります。

 

悪い例の1つとしてドライバーばかり打って練習する点です。ドライバーを打ちこみ過ぎると悪い姿勢が体に染みついてしまいます。出来るだけアイアンやウェッジで姿勢を意識しながら練習する方が有効です。

 

初心者の方でよくフルスイングをして練習をしている人がいます。確かに力を込めて練習する事も大事ですが、ゴルフというスポーツは力だけあっても上手にはなりません。スイングの時は少し力を抜いて8割程度の力で練習するのが理想的です。

 

しかしスイングスピードを上げたいのであれば思いきり振る練習も必要です。練習をして何の効果を求めているのか自分自身と向き合ってから練習する事が大切です。

 

ゴルフのスイングは体の回転が重要になってきます。手を振るのではなく体の回転で打つイメージを常に意識しましょう。最初からゴルフクラブを持って練習する必要はありません。鏡の前で自分の姿勢を見ながらスイングのチェックをする事も凄く大切な方法です。

 

グリップの正しい握り方を覚えるのも上手になるコツです。初心者の方で握り方を重要視している人は少ないと思います。しかしグリップの握り方1つで全てが悪くなってしまう可能性もあります。

 

綺麗な握り方は指がしっかりとクラブにくっついている感覚です。直ぐに指が離れてしまう人は意識しながら握るようにした方が良いです。

 

飛距離が飛ばなかった時に何故飛ばなかったのか理由を考えてみる。上達する人としない人の差はこういった単純な部分だと思います。

 

飛距離が飛ばなくなったから楽しくなくなったとマイナスに考える人は駄目です。飛距離を上げる為にはどこを改善すれば良いのかと自分を見つめる事が大切です。

 

闇雲にゴルフ練習場に行って打っても上達はしません。練習場に行く時は前もってテーマを決めるのが良いと思います。そして1球1球を大切にする。綺麗な姿勢を保ちながら打つ事を常に意識する事。

 

ある程度打ててくると慣れが生じます、この慣れこそが一番恐い時期です。慣れてきた時こそ基本的な事を思い出してみる。そうすると悪い部分が簡単に見つかったりします。

 

そして何よりゴルフを思いっきり楽しむ事も大事です。何事も楽しまなければ体が重くなってしまいます。常に楽しみながら練習する事が一番の近道だと思います。

 

ゼクシオとHAYABUSAどっちのドライバーが飛ぶの?

関連ページ

老獪なゴルフへ!どれほどすごいパワーヒッターもやがて衰える日がくる
ゴルフでもっとも重要な要素はなにか?ゴルフはあらゆる要素が求められるスポーツですが、もっとも重要なものをひとつ選ぶとするなら「パット」が挙げられます。パットは全てのホールで必要となる技術です。どんなデザインのコースであっても、最終的にはグリーン上でのパットが勝負を左右します。